私たちのこだわり

「食の安全・安心」への取り組み

自社生簀・水槽「魚は天然物に限る/養殖物は天然物の代替品」というイメージが強く残っておりますが、最近の養殖魚はそのイメージを覆すものが多くあります。天然物のレベルにもよるのでしょうが、天然魚は漁獲される海域や時期・等によって味が異なり、旬の時期を外すと一気に味が落ちパサつきが出てきたりします。

一方、養殖魚の場合ですと、脂ののりをコントロールでき、一年中旬の味に近いものを楽しむことが出来ます。いまや市場に出回るブリ類の70%、マダイの80%が養殖ものであり、養殖魚は日常の中に溶け込んでいるともいえます。

しかし一年中おいしいと言われる養殖魚も、餌の種類や飼育方法、養殖業に関る人たちの思いによって大きく品質がかわってくると私たちは考えます。

商品履歴書と残留検査証明書

商品履歴書と残留検査証明書

当社ではお客様により安全・安心の商品をお届けする為、トレーサビリティシステムに取組んでおります。トレーサビリティ(traceability)とは由来を調べるの意味で、食材流通においては生産履歴といった意味を持ちます。

当社の取り扱う全養殖魚は、養殖業者および漁協協同組合の協力のもと、(商品履歴書)(残留検査証明書)がしっかり管理された安心・安全なものばかりです。

「鮮度」への取り組み

自社水槽当社では、自社内に約200tの活魚槽を有し各地の養殖場から運ばれてきた様々なブランド魚を活かしております。

一度に仕入れる量を出来る限りおさえ回転をよくする事で魚の鮮度を保ち、魚にストレスを与えないよう最善の努力をしています。
つねに新鮮で品質の良い商品の提供させて頂けると信じています。

「自然に感謝すること」への取り組み

安心・安全な食材を

日頃から当たり前のように食べている魚ですが、ひとつの命を頂いているという感謝の気持ちを日々忘れないために、当社には「魚魂碑」を置き命を与えてくれる魚の恩恵に感謝しております。

大自然に対する感謝を忘れず、常に謙虚さを持つ私たち一同でありたいと思っております。