黄金のひらめ

黄金のひらめ

黄金のひらめ:産地紹介

黄金ひらめの生簀

黄金ひらめの生簀

九州唯一のスパンドレル・ブレーストアーチとして、宮崎県日向市の文化財に指定される美々津橋。その美々津橋を一望できる耳川のそばで、黄金ひらめの養殖が行われています。

養殖で使われている水は、地下40mから汲み上げた綺麗な海水です。ひらめにとって最適な環境を一年中保つため、赤潮や海水温の上昇などの影響を受けにくい陸上生簀で育てられています。

稚魚は国産のものを買い付けており、えさも国産物です。成長期や気候に応じて給餌を調整するなど、細やかな育て方をしています。

一池の飼育尾数を減らした”薄飼い”でストレスにも配慮し、健康的で、きらきらと輝く良質な黄金ひらめが育っています。

黄金のひらめ:お勧めポイント

黄金のひらめ

黄金のひらめ

ひらめは高タンパク・低脂肪でヘルシーな食材ですが、噛めば噛むほど口の中で濃厚な甘みが広がります。特に縁側はコラーゲンが豊富でコリコリッとした食感が楽しめる絶品です。

身質に旨み成分がいきわたると薄い飴色に変わってきますが、この黄金ひらめは早い段階でその色の変化が出てきます。

風味良く、引き締まった身質の黄金ひらめは、プリプリとした歯ごたえと旨みを楽しむ薄作りがお薦め。

是非皆様に食して頂きたい旨みたっぷりのひらめです。