みやざきサクラマス

みやざきサクラマス

みやざきサクラマス:産地紹介

みやざきサクラマスの産地 宮崎県延岡市 島浦リアス式海岸に囲まれた波の穏やかな静かな島浦。
青く澄んだ海には五ヶ瀬育ちの「みやざきサクラマス」が泳いでいます。

みやざきサクラマスは、五ヶ瀬の清冽な水で育ったヤマメが水温が下がる冬の時期に延岡の海で700g以上に成長したもの。
実はヤマメはサクラマスが川に下らず川に残った魚と言われており、大昔は五ヶ瀬のヤマメも延岡の海で泳いでいたことも考えられます。

ヤマメが海水によって太古の姿によみがえった「みやざきサクラマス」は、宮崎が生んだ新しい命です。

みやざきサクラマス:お勧めポイント

みやざきサクラマスの身

みやざきサクラマスの身

「みやざきサクラマス」は冬の4カ月で体長40cm、体重は1kgと、ヤマメの約7倍?10倍の重さまで成長します。

味わい方は、桜色の身が見た目にも美味しいお刺身がおすすめ。

みやざきサクラマスの「黄金イクラ」

みやざきサクラマスの「黄金イクラ」

淡白なヤマメの味に、さらに旨味が加わり、脂が乗ったまろやかな甘みが口の中にひろがります。

秋から冬へと季節が移り変わる頃に取り出される、黄金に輝く卵「黄金いくら」も絶品です。